詰め物が気になる

銀歯などの詰め物がどうしても気になる

以前は、費用や耐久性の問題から奥歯に関しては金属の詰め物や被せものを装着するのが一般的でした。
最近、江本歯科ではCAD/CAM技術を応用しCERECシステムの導入により、安価で質の高いCERAMIC修復物を提供出来るようになりました。さらに、接着技術の向上により、奥歯でも審美的なセラミック修復が安心して施されるようになりました。

でも、セラミックは壊れやすいんじゃない?

セラミックは材質的には、お茶碗などのような瀬戸物のなかまです。硬くてもろい性質があり割れる可能性もあります。それに対してステンレスのカップなどは、落としても絶対割れませんが、変形する場合があります。金属はセラミックより軟らかい材料です。
お口の中で上下の歯は、毎日約40~50kg/cmの力でかみ合いますが、金属の詰め物や被せ物には、最初歯質との境目にセメントが埋められています。ところが金属が変形を繰り返すためにだんだんセメントが溶けて隙間が出来てしまい、それがいずれむし歯の原因となってしまいます。
セラミックは、硬く変形し難くさらに歯質に接着しやすい材料なので、隙間が空き難いのです。
最近では、材質の改良により、割れ難いセラミックも製品化されております。また、上記の理由から例え割れてもむし歯になってしまうリスクは低いと考えられます。
むし歯になって、削るたびに歯の寿命は短くなってしまう事を考えれば、セラミックによる治療の方が、予防的な治療と考えられます。

セラミック治療の紹介

セラミッククラウン

術前

術前

術後

術後

セラミックインレー

術前

術前

術後

術後

RESERVE 診療予約