お悩み別審美歯科治療

審美歯科とは

審美歯科は、歯としての機能を回復させるむし歯や歯周病などの歯の病気を治療する一般歯科とは違い、審美性と機能性を重視して、美しく健康な口元をつくることを目的とした治療です。例えば、「欠けた前歯やすきっ歯を修復する」「黄ばんだ歯を白くする」「銀歯を白くて目立たない詰めものにする」「歯並びを矯正する」などを行うのが審美歯科治療です。

審美歯科治療のなかでも歯を白くする方法

「目立つ銀歯を何とかしたい」「黄ばんだ歯の色を白くしたい」といったお悩みは、セラミック治療やホワイトニングで解決できます。

セラミック治療
むし歯治療の際に金属で詰めたり被せたりした歯などを、セラミックを使って白く自然な歯にする方法
特長
  • 非金属なのでアレルギーの心配がない
  • かたくて丈夫
  • 長期間の使用でも変色しない
  • 色の調整ができる
  • むし歯の再発が起こりにくい
ホワイトニング
歯科用の漂白剤を使って歯本来の白さを取り戻す方法
特長
  • 歯を削らない
  • 色調や透明度が調整可能
  • 長期にわたり器具を装着するわけではないので、2次的なむし歯にならない

ホワイトニングは、神経がない歯やテトラサイクリン歯(抗生物質によって変色した歯)に対しては、確実な効果を期待できません。ですから、健康な歯をホワイトニングで、ホワイトニングできない歯をセラミック治療で白くすることも可能です。

審美歯科 -素材による違い-

「セラミック」という素材をもうちょっと詳しく説明しましょう。保険診療で使うプラスチック素材「硬質レジン」と、どこが違うのでしょう? それぞれの特徴をご紹介します。

セラミック
  • 透明感があり、天然歯と見間違うほど質感が良い
  • かたくて丈夫なので摩耗しない
  • セラミック素材なので着色しにくい
  • 保険がきかないので費用が高額になる
硬質レジン
  • 透明度に欠け、天然歯と見比べると違和感があり耐久性に劣る
  • 吸水性があるので臭いがつきやすい
  • 5年ほどで黄ばんできたり着色してきたりする
  • 保険診療なので費用の負担が少ない

RESERVE 診療予約